今期のスローガンについて

『現状突破SP』~だれが・いつまでに・どのように~

2017年度より安佐支部青年部会は理念・ビジョンを作成するための例会をし、理念・ビジョンを作成出来た方が増えたと思います。この理念・ビジョンの作成は会社を継続する上での礎となりますので維持しつつ次のステップとして、その理念・ビジョンを浸透・達成する為に必要な会社の基本的な流れと組織編成(役割当て)、お金等についての成文化に取り組んでいきます。

2018年度のスローガン「志高く、前進!」~いま・ここ・じぶん~
自分を変えて大きなビジョンを描き、情熱を持って前進していくという決心を持つことを重視してきましたが、それを行動にすることを今期は重視します。

『現状突破』とは現状をよく理解すること。『SP』とはSPEED&POWER。
経営者(幹事)と社員(メンバー)との溝は何なのか?それは会社を自分事としているか他人事としているかであります。なぜこのような事が生まれるか。それは経営者と社員さんには情報量が大幅に違うことにあります。限られた情報の中では当然限られたことしかできません。我々経営者も然り、選択・決定する判断は自身の経験という限られた情報で行っているはずです。そして会社と社員は相互関係が一致して成り立つが、相手にどこまで情報を開示でき納得してもらっているでしょうか?お互い何となく済ましていないだろうか?
そしてビジョンの遂行と相互関係の一致には必ずお金は不可欠です。第3者が納得できるお金の使い方ができ、明示できているだろうか?
故に、相手に情報を提供すること(成文化)と浸透(コミュニケーション)で経営者と社員の共通認識を持ち現状を理解することで突破のヒントが見つかる。そしてこれを出来るのは経営者のみ。いつまでに、どのようにするかは自分次第!スピード感と情熱を持って取り組んでいきましょう!

 

広島県中小企業家同友会 安佐支部青年部部会長 寶田博之

安佐支部青年部会として共通認識

1.安佐支部青年部会の存続
1.経営の話ができる会
1.組織を学ぶ会

 

安佐支部青年部会としてのルール

1.幹事の役割と各人の役割の遂行
1.方針の順守
1.目標への取組み

2019年度事業方針

1.幹事会
・基本的に第1木曜日 19:00~開催します。
・幹事会出欠をリスト化する。
・例会企画案の質向上のため検討(3か月前)します。
・開催例会の総括・反省点の改善案を検討します。
・集計されたアンケートの報告と改善案を検討します。
・今後の日程と部会外の行事連絡を報告します。

2.班運営
・担当例会の運営をします。
・例会出欠結果をリスト化し、幹事会で報告する。
・理念・ビジョン・指針書の作成に取組み、作成の有無をリスト化する。
・グループ長研修をします。

3.例会
・基本的に第4木曜日 19:00~開催します。
・悩みや課題を抱える会員の体験報告を推奨します。
・自分・自社の内容や経営課題を開示して学びを深めます。
・1次懇親会までが部会の例会とします。

4.数字をちからに
・自社の数字を開示できる相手を見つけ理解をふかめる。
・適正価格の取引をしているか。
・必要な投資をしているか。

5.会員増強
・安佐支部青年部会で学んでいることを誇りに想い、伝え、継続する。
・通常例会にオブザーバーを募る。
・中四国交流会が広島で開催されます。この機会にオブザーバーを募る。
・4支部合同例会にオブザーバーを募る。

6.本会との関わり
・青年部という事は、本会の会員でもあります。
同友会の将来の中核として組織活性化の推進力となりましょう。
・本会の方々と関わり、同友会について理解を深めましょう。

7.支部外活動の関わり
・支部外の行事に参加し、いつもと違う環境で学びを得ることを推奨します。
・安佐支部代表としての自覚を持ち、支部の活性化に貢献します。

歴代部会長挨拶